2018年 7月 19日 (木)

【拡大版J-CAST 1クリック】<投票終了>
各種メディアへの「軽減税率」 適用なら範囲はどこまで?

印刷

日本新聞協会が2013年1月15日発表した声明では、新聞のほか、「国民に知識、教養を普及する役割を果たしている」書籍・雑誌・電子媒体に対しても、消費増税にあたってほかより軽い「軽減税率」を適用するよう求めています。各種メディアへ適用すべきか、適用するなら範囲はどこまでにすべきか、あなたはどう思いますか?
(「新聞への「軽減税率」適用、どう思う?」はこちらから)
※2013年1月23日で、投票を締め切りました。

各種メディアへの「軽減税率」 適用なら範囲はどこまで?
新聞、書籍・雑誌、電子媒体、いずれも適用すべき
新聞、書籍・雑誌に適用すべき
新聞、電子媒体に適用すべき
新聞に適用すべき
書籍・雑誌、電子媒体に適用すべき
書籍・雑誌に適用すべき
電子媒体に適用すべき
いずれも適用すべきではない
その他
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中