匿名でオークション落札品を配達 楽天と郵政公社が提携

印刷

日本郵政公社楽天は2006年7月6日、ネットオークションで出品者と落札者がお互いに個人情報を知らせずに取引できるサービスを、06年秋をめどに始める、と発表した。サービスの利用者は事前に住所などを登録する。オークションで売買が成立すると、「ID番号」が発行される。出品者はID番号が書かれたラベルを張って商品を郵便局に発送する。郵便局は楽天からの情報をもとにID番号から落札者を特定、出品者の個人情報が書かれていないラベルに張り替えて落札者に発送する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中