楽天証券 Wikipediaの情報削除で謝罪

印刷

楽天証券は2006年8月31日、ネット上の百科事典「Wikipedia(ウィキペディア)」に掲載された同社への行政処分情報などが削除されていた問題で、同社の従業員が社内で削除行為に及んだことを認め、謝罪した。
「Wikipedia」は基本的に誰もが自由に編集・執筆ができる百科事典。執筆者のIPアドレス(識別番号)が公開されるため、今回の削除行為も楽天証券のIPアドレスを経由していることが明らかになった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中