トンデモ奈良市職員が懲戒免職

印刷

奈良市環境清美部の男性職員(42)が、病気を理由に休暇、休職を繰り返し、2001年から5年あまりで8日しか出勤せず給与は満額受給していた問題で、藤原昭市長は06年10月27日に同職員を懲戒免職処分にしたと発表した。管理監督責任で、市長自身が給与の20%分を6ヶ月間減給。福井重忠助役を同6ヶ月間15%減給。上司や人事管理部門の25人を減給などの処分とした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中