いじめられる奴に問題あり! 金八先生発言で議論白熱

印刷

   いじめにあった生徒が自殺する事件が相次ぎ、文部科学省にも「自殺予告」がたくさん送られている。ただ、「いじめ自殺」についての報道は、学校や教育委員会の責任を追及するものだけだ。そうした中で、タレントの武田鉄矢さんや石原慎太郎都知事から、自殺する方や保護者にも責任を求める発言も飛び出し、議論も白熱してきた。

   タレントの武田鉄矢さんは2006年11月9日の記者会見でいじめ問題についてコメントし、

「いじめる奴を説教しても変わらない。問題はいじめられる奴で、大事なのはいじめられる奴を鍛えること」(スポーツニッポン産経スポーツ

   と述べたという。

「金八先生の発言、その通りだと思いました」

2ちゃんねるでも金八先生発言が議論を呼ぶ
2ちゃんねるでも金八先生発言が議論を呼ぶ

   2ちゃんねるでは、いじめについての議論が盛り上がっていて、この発言に多くのカキコミが寄せられた。

「環境が変わることを祈ってるようじゃ駄目ってことよ これはいじめに限った話ではない」「『いじめ』は無くならないのじゃなく、事勿れ主義の教師・子供に向き合わない親・いじめを軽視する行政等が無くす努力をしないだけ」「自殺とかする前に命かけてやり合ってみればいいよ 手を挙げない正義にこだわって死ぬなんてもったいない」「一理あるにしても、自分の子供が死んでも『弱いのが問題だった』で済ませられるのかね?武田鉄也は。少しもいじめっ子を憎まない?遺族の気持ちになってない発言だよ」

   Q&AサイトのOKWaveでも、いじめについての議論は盛り上がっている。同サイトに06年11月10日に掲載された質問対して、こんな回答もなされている。

「金八先生のいじめについての発言、私も見ていました。(中略)全くその通りだと思いました。人を集団でいじめるしか脳のない“無個性な人間”なんかに負けないでほしいと思います。学生の頃は学校が全てだけど、大人になった今痛感するのは、学校なんてほんとに小さな世界で、やめてしまったっていいんです。生きる道なんていくらでもあります」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中