「韓流」ブーム終わった 映画観客、旅行者がた落ち

印刷

   「韓流ブーム」がとうとう終わったようだ。韓国映画「シュリ」などを日本に紹介し「韓流ブーム」火付け役を担った芸能プロダクション大手、アミューズが2007年2月14日に07年3月期連結決算の予想を発表したが、収益の柱としていた韓国映画の観客動員、DVD販売ともに計画を大幅に下回った。日本から韓国への旅行者も減り、03年の「冬ソナ」以降続いていたNHKのBS2の「韓国ドラマ枠」も07年4月から無くなるという。

06年の韓国映画、日本では全て失敗

ヨン様人気は衰えず(写真は公式グッズ販売ページ)
ヨン様人気は衰えず(写真は公式グッズ販売ページ)

   アミューズが06年に日本で公開した韓国映画は「デイジー」、「美しき野獣」、「タイフーン」という大作3作品で、主演がチャン・ドンゴン、クォン・サンウ、チョン・ウソンという日本でもファンが多い韓国の大スターだったにもかかわらず、興行収入が不調。しかもDVD販売では、43万枚の売り上げ見込みが、実売数は23万枚だった。一方で同社の日本映画「嫌われ松子の一生」、「北斗の拳」は好調だったが、韓国作品が足を引っ張り同社のメディアビジュアル事業の営業収入は前年同期比31.3%減、営業損失が3億5,500万円になった。

   韓国映像の不振は同社だけではない。韓国から日本への映画の輸出額が06年は前年比で82%減という激減ぶり。西日本新聞は07年1月23日付けの特派員電で、

「韓国メディアは『韓流』ならぬ『寒流』だと、海外での韓国映画ブームの衰退を嘆いている(中略)特に日本向け輸出額が激減したことについて『ファンに飽きられてきたのは間違いない。日本に昨年輸出された二十三本は興行的にすべて失敗した』と語る」

   と書いている。

   韓流ブームの終わりを示すものは他にもある。韓国の3大紙「中央日報」は、07年1月24日に「韓流ブームの終わり?韓日訪問者数が逆転」という見出しを掲げ、日本法務省のデータをもとに、

「韓国に入国した日本人は前年比11万人減の231万9,676人だった。 韓日間の訪問客数が逆転したのは関連集計が始まった1975年以来初めて。(中略)韓流ブームが弱まったことで韓国を訪れる日本人が減った半面、ウォン高円安の影響で日本を旅行する韓国人観光客は大幅に増えたため、と分析された」

   と報道した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中