店長が女性客レイプ 「鬼畜実態」が事前に暴露されていた?

印刷

   ステーキチェーン店「ペッパーランチ」大阪心斎橋店で、同店店長と店員が食事中の女性客を脅した上、睡眠薬を飲ませて、拉致、暴行するという卑劣な事件が起こった。同店でこの事件が起こることを予告するかのようなサイトが存在していたのでは、とネット上の掲示板2ちゃんねるでささやかれている。単なる「怪情報」なのか「実際の目撃談」なのかは不明だが、中身は詳細で衝撃的だ。

「女性を囲っておくつもりだった」

「ペッパーランチ」心斎橋店の「鬼畜実態」は以前から暴露されていた?
「ペッパーランチ」心斎橋店の「鬼畜実態」は以前から暴露されていた?

   「ペッパーランチ」大阪心斎橋店で食事中の女性客を拉致し、性的暴行するなどしたとして、大阪府警南署が、同店店長北山大輔(25)、店員三宅正信(25)両容疑者を強盗強姦、逮捕監禁致傷の疑いで逮捕した。
   調べによると、5月9日午前1時過ぎに、大阪市中央区の同店で、閉店を装って店のシャッターを閉め、1人で店にいた女性客をスタンガンで脅したうえ、無理やり睡眠薬を飲ませて泉佐野市内のガレージに拉致。性的暴行に及んだほか、約5万円を財布から盗んだ疑い。2人は「インターネットでスタンガンや睡眠薬を入手し、女性客を物色していた」「女性を囲っておくつもりだった」などと供述しているという。
   「ペッパーランチ」大阪心斎橋店のホームページ(現在では閉鎖)では営業時間は午前1時までで、まさに閉店時間を見計らっての犯行と見られる。さらには、この2名のほかにも共犯者がいた可能性も複数紙に指摘されており、店ぐるみの犯行だった可能性もある。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中