「倒産」夕張市 視察団から「説明費用」を徴求

印刷

   北海道夕張市は、全国の地方自治体などから訪れる視察団に「説明費用」を徴求する。夕張市は06年6月に財政破綻し、国からの財政再建団体を受けたため、鉛筆1本買うのにも国や北海道の許可がいる。コピー代など資料づくりなどにかかる費用だってばかにできない。というわけで、負担を視察団側に負ってもらい、少しでも市の収入を増やそうというのが目的だ。夕張市地域再生課は、「財政再建計画の策定に関する視察にかぎって、コストの負担をお願いしています」と理解を求めている。

「視察を受け入れるにも、人手がかかりますから」

   夕張市が策定した内規によると、視察にかかる費用は5人以下1団体につき、1回60分の説明・意見交換で1万5,000円。一人増えるごとに2,000円、説明時間が30分超過するごとに3,000円を、それぞれ加算する。

   通常の業務に支障を来たさないよう、毎月第2、第4木曜日を視察の対応日にすることも決めた。内規はすでに、6月1日から施行している。

   夕張市は視察について、「電話での問い合わせはほんとうに多いのですが、こちらの意向はなかなか伝わらないですし、先方の意向も伝わりにくいこともあってか、実際に訪れる団体は少ないですね」と話す。

   J-CASTニュースが「視察団が減るのではないか」と聞くと、「実際の運用は始まったばかり。財政再建に限定しているので、それほどでもないのでは。こちらも対応できる者が限られていますから、人手をとられることを考えると・・・」と言葉を濁しながら、苦しい台所事情を説明した。

   ちなみに、産業振興などを目的とした視察や報道陣の取材、ホームページで閲覧できる内容については、従来どおり無料となっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中