谷垣氏が勝訴 週刊文春記事の名誉毀損で

印刷

週刊文春」の記事で名誉を傷つけられたとして、谷垣禎一・前財務相が発行元の文芸春秋社と編集人らに計2,200万円の損害賠償などを求めていた訴訟で、東京地裁は2007年7月9日、計330万円の支払いを文春側に命じた。問題になったのは「谷垣禎一財務大臣 中国人女性『買春』疑惑」と題した2005年12月8日号の記事。判決は「記事が事実だと信じる理由があったとはいえない」と指摘した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中