携帯電話での通話「ほとんどない」が43.9%

印刷

MMD研究所が携帯電話の1日あたりの平均通話回数を調査したところ、「ほとんどない」が43.9%、「3回未満」が35.4%で、携帯電話は通話よりもメールや音楽ダウンロードなどのデータ通信によく使われていることが分かった。パケット定額サービスに入っている人は回答者の96.7%と、ほとんどの人が入っている。1ヶ月に支払う定額パケット料は「3,000円から4,999円」が34.9%と最も多く、次いで「0円から2,999円」が26.9%という結果になった。1日あたりのメール送信数は、パケット定額サービス加入者で「1日1通から5通未満」が27.4%と最も多く、次いで「1日5通から10通未満」が25.2%だった。調査はインターネット関連会社16社(19のモバイルサイト)の協力で、2007年7月6日から同10日の5日間に行われ、有効回答数は9,584 (男性:30.3%、女性:69.7%)だった。年代は 10代が18.0%。20代が28.0%。30代が33.4%。40代が17.2%。50代以上が3.4%。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中