柏崎刈羽原発の安全性、8割の被災者が「不安」

印刷

新潟県中越沖地震で柏崎市と刈羽村の避難所で暮らす被災者のうち81.9%が、東京電力柏崎刈羽原発の安全性に不安を感じていることが、共同通信のアンケートで2007年7月22日にわかった。それによると、「以前から不安と感じていたが、今回の地震でより不安になった」が49.3%。地震後「非常に不安になった」が19.3%、「少し不安になった」が13.3%で、これらを合わせると8割に達した。「安全性に変わりはない」は14.0%だった。また、同原発の再稼働については「不安だがやむを得ない」と答えた人が50.7%だった。アンケートは両市村の避難所計14カ所で07年7月20日~同21日に面談方式で150人を対象に実施した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中