面接から恋の予感? 飯島愛と「ひろゆき」の関係

印刷

   元タレントの飯島愛さんが、「2ちゃんねる」管理人でニワンゴ取締役のひろゆきさんについて、自身のブログで「色気がある」「恋でもいいかぁ」と意味深な発言を載せている。2人は、ブログでのやりとりがきっかけで、「職探し」中の飯島さんと「経営者」ひろゆきさんの面接が実現した間柄だ。芸能人の熱愛報道がスポーツ紙で相次ぐ2007年夏、新たな「スクープ」に発展するのか。

   飯島さんとひろゆきさんの面接の様子は、07年8月2日付けの飯島さんのブログで動画が公開されていた。ひろゆきさんの名刺を飯島さんが受け取る場面など、何気ないやりとりが記録されている。撮影は07年6月だそうで、面接結果は、動画や2人の8月16日夕までのブログを見る限り明らかになっていない。

「ひろ君は、色気がありますよ」

ひろゆきさんの仕草を熱く語る飯島さんのブログ
ひろゆきさんの仕草を熱く語る飯島さんのブログ

   飯島さんが「恋」を話題にしたブログを掲載したのは、8月15日夕。「男の色気」と題し、飯島さんとひろゆきさんの面接時の数秒の動画と一緒に飯島さんの気持ちを綴っている。動画の最初の場面では、大きめの机を飯島さんとの間にはさみ、ひろゆきさんが右ひじをつきながらあごを右手に乗せている。この画像が重要なようだ。

 

   飯島さんは冒頭から「ひろ君は、色気がありますよー こういう仕草は、かなり色っぽいと思うけど。。」「私は、このひろゆき、かなりスキですが…なにか?!」と仕草について語っている。その後、「なんか、一瞬なんだよね--。あっ!!ヤバい!!!堕ちる…..って、なるの。一瞬で恋しちゃうのって..なんだろう?!」と恋愛モードとも読める文章が続く。

   さらに締めくくりでは「皆さん、わたしの恋の話し(原文ママ)ではないですよ--。このひろゆきが色っぽいってだけで…」と一旦否定して見せた上で「まあ、恋でもいいかぁ!!!」と結んでいる。

   飯島さんのブログは、相手はともかく「恋愛モード」の記述はエスカレートする。8月16日未明に更新された飯島さんのブログ見出しは「女の色気」と、15日の見だしと対になっている。「正直、今まで、色々あって…..恋したりする事を忘れてました」「でも、もう、セレブニートとやらに飽きた」「なんか、恋したく成る--」と「恋」の文字が続出する。そして、久しぶりに美肌効果が期待される美容に「挑戦」したことを報告し、「恋をすると、美容にも気を使うパワーがモリモリ~!!!!!」「さよならニートへの道」と前向きな姿勢がにじみ出ている。

   こうした飯島さんの「変化」について、飯島さんのブログのコメント欄でも「愛ちゃん、ひろゆきさんと付き合ってるの?そろそろ、結婚も?ワクワク ヒューヒュー」(8月15日)、「ひろゆきをつまみ食いしたらダメだよ!本気ならいい」(同)と、「恋愛モードに入った」と受け止めた書き込みが散見された。「またこの動画かよ! 相当売り込みたいみたいだね! それでその後はどうたったん?!(原文ママ)って話になるよ」(同)と、2人の面接に絡めた批判的な受け止め方のコメントも少なくなかった。

「でも私は、忘れないといけないんだ」

   一方のひろゆきさんのブログでは、07年6月21日付けで「飯島愛さんへ。part3」と題し、「来週の月曜日とか火曜日だと、珍しく出社してる日なので、あわせてもらえると、出不精なおいらとしては、光悦恐悦至極だったりするのですが、いかがでしょうか-?」と面接の日程調整について触れて以降、8月5日付けブログ(8月16日夕現在最新更新)まで、飯島さんに関して触れている記述は見当たらない。

   「恋の行方」の前に、面接結果はどうなったのだろうか。ひろゆきさんが取締役を務めるニワンゴの親会社ドワンゴにJ-CASTニュースが問い合わせたが、8月16日19時現在、回答は寄せられていない。

   「恋」の方は、飯島さんが8月16日早朝のブログで微妙な「行方」について語っている。前回更新の「女の色気」からわずか6時間後の更新だ。コメント欄に恋愛をテーマにした歌の歌詞を書き込んでいた人がいたことに触れ「なんか、切なく成った」「誰を想ってなのか…わかんない」「きっと、私の想いだね。でも私は、忘れないといけないんだ」と、6時間前の前向き姿勢とは打って変わった様子だ。最後の記述は「それぞれの明日に向かおう」だった。

   2人の面接話が浮上したのは、07年6月。飯島さんが3日付けブログで、アルバイトを探しているという趣旨をひろゆきさんに発信し、ひろゆきさんも4日付けブログで「待遇ってどんな感じがいいんでしょうか?」と応じた。さらに、21日付けの2人のブログで日程調整や連絡方法を確認していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中