今秋、ワークショップ中心の科学館が千葉市に誕生

印刷
中央の球体は千葉市科学館のプラネタリウム
中央の球体は千葉市科学館のプラネタリウム

2007年10月20日、千葉市中央区に建設中の地下1階地上15階の複合施設「Qiball(きぼーる)」内に、千葉市科学館がオープンする。複合施設「Qiball」(写真)のシンボルはガラス面を通して見える宙に浮く巨大な球。内部は最新鋭のプラネタリウムとなっていて、1,000万を越えるリアルな星空を映し出すことが可能だ。千葉市科学館は、この球体とともに7階から10階までを占め、音や光、数や形などの身近な事象から、新しい技術、自然や地球、宇宙まで、フロアごとにテーマを設定。各フロアには「ワークショップターミナル」が設置され、気軽にワークショップに参加できる。約140にもおよぶ展示装置についても、原理や法則について、スタッフのトーク&ワークショップが展開される、いわば、100%ワークショップの科学館だ。こどもから大人まで、驚きや発見の歓びを感じる感動体験をスタッフがサポート。最新の展示装置もさることながら、スタッフや市民ボランティアが来館者とのコミュニケーションを通じて、「人から人へ」科学の不思議さや驚きを伝える「人が主役」の科学館を目指していくという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中