親が子供の相手を探す 「代理お見合い」大盛況

印刷

   未婚の子供を持つ親同士が集まって子供の結婚相手を探す「代理見合い」。それが全国で花盛りなのだという。定員50人で募集したところ、100人を超す応募があり、先着順で参加者を選んだ主催者もいる。日本の未婚率は年々上昇。少子化の問題もあり、見かねて親が動き出した。

過保護とは思いません。親だけがしてやれることですから。

「代理見合い」が盛況だ
「代理見合い」が盛況だ

   「代理見合い」は、ホテルなどの会場を使うパーティー形式が一般的。会場に未婚の子供を持つ親が集められ、親は子供の写真とプロフィルを持ち、希望する年収、学歴、容姿などに合った相手を探す。親同士の話がまとまれば、その後、子供同士が会うことになる。

   産経新聞は2007年3月19日付に「代理見合いに群がる親」というタイトルの記事を掲載した。この中で紹介された母親は62歳。派遣社員として働く35歳の娘のために「代理見合い」に参加した。娘が子供を生めるかどうかの年齢だったこと、それに自分が参加すれば娘が結婚を真剣に考えるだろう、とも考えた。そして、

「『親のエゴ』といわれれば、そうかもしれません。でも、過保護とは思いません。だって、親だけがしてやれることですから」

とコメントしている。

   07年7月17日付けの南日本新聞は、鹿児島市のホテルで開催された「代理見合い」を報じた。記事には定員50人で募集したところ、100人を超す応募があり、参加者を先着順で選ばねばならなかったと書いている。30代の息子を持つ鹿児島市の女性の、

「わらにもすがる思いで参加した。同じ悩みを抱えている人が多いと実感した」

というコメントを掲載している。

   ある「代理見合い」の主催者はJ-CASTニュースの取材に、

「もともとは地域限定で開催していましたが、私どもの活動を知り、全国から開催依頼が殺到しています。それだけ親御さんは自分の子供の結婚に真剣なんです」

と話す。需要に追いつけない状況のため、会社名は出さないでほしいということだった。

結婚の報告があったのは1組

   それではなぜ、親はこれほど「代理見合い」に頼るのか。神戸市で「縁結びの会」を主催するインフォースは、親が子供の結婚相手候補を探し「一度会ってみなさいよ」と働きかけるのは、昔から普通にあった事だという。

「親が子供の結婚相手を捜しにくくなった一つの原因は、ご近所付き合い、親戚付き合いも希薄になってしまい、世話焼きオバサンもいなくなったことです」

   そのため「代理見合い」という存在に期待しているのだろう、と考えている。

   「縁結びの会」が発足したのは2年前。これまで10数回の「代理見合い」を開催。男女10組対10組で行う。親は60歳前後が中心で、夫婦で出席する率が高いのだという。1回の参加費は1万円前後で、夫婦で出席する場合はプラス5000円になる。子供は男性が30代、40代、女性は20代、30代の順番で多い。追跡調査してはいないためこれまで何組が結婚したかわからないが、結婚の報告があったのは1組だという。

「同じ悩みを持つ親御さんが集まっていますので、もし結婚に至らなくても、これも何かの縁として、お互いがコミュニケーションを取り、結婚相手候補を紹介しあえるような、そんな関係になってもらいたいとも思っているんです」

と「縁結びの会」は話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中