「スクープでも先にウェブに載せます」 産経・MS新ニュースサイト記者発表会

印刷

   マイクロソフト産経新聞グループが提携して2007年10月1日に新ニュースサイト「MSN産経ニュース」(http://sankei.jp.msn.com/)を開設するのを控え、07年9月25日、記者発表会が東京・大手町の経団連会館で開かれた。

マイクロソフト日本法人のダレン・ヒューストン社長(左)と産経新聞の住田良能社長(右)
マイクロソフト日本法人のダレン・ヒューストン社長(左)と産経新聞の住田良能社長(右)

   マイクロソフト日本法人のダレン・ヒューストン社長は

「マイクロソフトでは、より先進的な『デジタル・ライフスタイル』を推進していきたい。今回のサイトオープンも、日本におけるデジタル・ライフスタイルを推進する上での大きな投資だ」

と、同社における新サイトの戦略的位置づけを説明した。一方、産経新聞の住田良能社長は、

「スクープでも紙媒体の締め切りを待たずに流していく、『ウェブ・ファースト』を実現したい。今回の提携を機に、ネットと紙の融合を加速させたい。ネットと紙の厚い壁を破壊しなければならない」

と述べ、新聞業界では半ば常識となっていた「スクープは紙媒体最終版の締め切りまでウェブには載せない」という慣習を、原則撤廃することを明らかにした。

紙媒体とウェブを、国内の新聞社では初めて一本化

   また、同社では、07年夏に紙媒体の編集とウェブの編集を、国内の新聞社では初めて一本化、ウェブへの注力を進めたい考えだ。

   新サイトでは、(1)従来は2ヶ月だった記事の掲載期間を原則6ヶ月に延長(2)写真の一部を特大の「壁紙サイズ(最大1024x768ピクセル)」で掲載(3)記事のそばに『メッセする』というリンクを設置し、同じ記事を見ながらチャットができる、といった特徴を持つほか、ユーザーの関心度の高い話題を特集した「トピックス」と呼ばれるコーナーも新設。掲載期間は無期限だという。

   産経新聞のウェブ関連事業を担当する子会社「産経デジタル」の阿部雅美社長は

「(07年9月25日を)福田内閣組閣とともに、新しいネット報道を切り開いた日として記録されるようにしたい」

と意気込んでいた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中