輸入マツタケに異変 中国産激減、フィンランド参戦

印刷

   秋の味覚の代表格であるマツタケは、庶民にとっては高嶺の花だ。その中でも、中国からの輸入物は比較的手に入りやすいとされてきたはず。だが、中国産食品の安全問題がクローズアップされ、今年は若干風向きが変わりつつあるようなのだ。

中国産マツタケは前年同期の半分程度の量

中国産マツタケはどうなる
中国産マツタケはどうなる

   国内で出回っているマツタケの9割は輸入物だとされ、07年5月に発表した06年の「農林水産物輸出入概況」によると、06年に日本が輸入したマツタケは1,719トン。そのうち中国産は1,197トンで、実に7割近くが中国産だ。ちなみに2位は北朝鮮産で05年の783トンからは経済制裁の影響で激減しているものの、同年には230トンが輸入されている。

   このように、例年だとほぼ「輸入物=中国産」というイメージだが、今年は安全面での不安から、消費者から遠のきそうなのだ。2007年9月15日の朝日新聞大阪本社版では、関西国際空港でカナダ産マツタケの輸入がピークを迎えていることを伝えているが、同時に中国産の輸入が激減している様子も伝えている。

「例年はカナダ産の約3倍入ってくる中国産マツタケが、今年は安全面を不安視されて前年同期の半分程度の量にとどまっており、カナダ産が注目を集めそうだ」

   実際、末端の店舗でも「中国離れ」の動きが出始めている。

   大手スーパーのイトーヨーカ堂に中国産マツタケの扱いについて聞いてみると、

「今年は、現状では扱う予定はありません」(セブン&アイ・ホールディングスの広報センター)

との答えで、慎重な言い回しながらも、取り扱いを事実上中止したことを明らかにした。経緯については、

「品質・価格設定がお客様にマッチしていることから、今年は、北米・カナダ産を中心に展開しています」

とした上で、

「『中国産全てが悪い』という訳ではありませんが、不安感があり、必ずしもお客様にご支持をいただけていない状況だ」

と明かす。中国産のイメージ悪化が直に影響していることを認めた形だ。

エージェント次第で、活躍の場は世界に広がる

   エグゼクティブクラスの求人はほぼ公表されない。しかし、優秀な人材を発掘し、活躍の場を広げてくれるエージェントは実在する。年収が400万円アップし...続きを読む

PR 2015/06/05

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
008
匿名 2007/9/30 13:44

各国の松茸収穫時期少しずつ違うんですけど
だから時期によって出回るものの原産国違うこと

記者は理解してんのか?
そんなの関係ねぇ ってか??

007
匿名 2007/9/28 19:55

中国産、韓国産以外の物が手にはいるなら、多少割高でもそれに越したことはない。

006
匿名 2007/9/27 09:43

中国は過ちを反省し世界に謝罪し許しを請えばいいと思う。

それでもチャイナフリーが続くとすれば、それは反省がたりないからだ。

コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

フジテレビ神話の崩壊いつから!?ほんの少し前は視聴率3冠のお化け放送局だったのに......

数分で読める、わかる、鎌倉女子大学のwebミニ講座。これが無料?!

ミニッツシンキング

ライダーなら一度は行っておきたい...

北海道