「揺れがくるよ!」地震速報の運用がスタート

印刷

地震の初期微動をとらえて、大きな揺れが来る前に震度を伝える気象庁の「緊急地震速報」の一般への提供が2007年10月1日から始まった。速報は、最大震度5弱以上が予測される際に発信され、NHKや民放テレビなどを通じて知ることができる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中