新聞3社共同ポータルに対抗 ヤフーがニュース・コメント欄

印刷

   ヤフーは2007年10月23日夕、ニュースサイトにコメント欄を新設する。ヤフーは、日経朝日読売が08年から開設する共同ポータルサイトなどを意識し、「差別化を図った」としており、今後ネットユーザー取り込みを巡るニュースサイトの競争が激化しそうだ。

「コメント欄は付加価値」

コメント欄を新設するヤフーのニュースサイト
コメント欄を新設するヤフーのニュースサイト

   ヤフーの広報担当者によると、掲載される各ニュースの下に、コメントを3件まで全文表示。「すべてのコメントを読む」をクリックすると、10件ほどコメントが全文表示され、さらに読みたい場合は、「次へ」をクリックすると、次の10件ほどが全文表示されるシステムだ。

   投稿者はヤフーにID登録した会員だけに限られ、1回の投稿は400字以内で何度でも書き込める。当面は、情報提供元の許可が下りたニュースだけコメント欄が付くため、1日約2500本のニュースの6割ほどになるという。

   導入を巡っては、2ちゃんねるにスレッドが立ち、その狙いなどについて様々な書き込みがあった。「もしかしたら2ちゃん包囲網のひとつかも知れんよ」との意見から、「よっしゃ!2ちゃん以上にメッチャメチャに荒らしたろ」「ニュースの品格が落ちるぜ」といった不気味な予言もあった。

   ヤフーはなぜコメント欄設置に踏み切ったのか。広報担当者は、J-CASTニュースの質問に、日経、朝日、読売の共同ポータルサイト新設などでニュースサイト間の競争が激しくなっている事情を挙げ、次のように説明した。

「うちでは記事を作ることができないので、このままだと、ほかのサイトとの違いがなくなってしまいます。そこで、コメント欄という付加価値を付けて、ユーザーの方に楽しんでもらうのが重要と考えました。2ちゃんねるは、特別に意識していません」

   コメント欄の荒らし行為や個人への誹謗・中傷に対しては、ヤフー掲示板などに掲げている「コミュニティーサービスガイドライン」に沿って、コメント削除などを行うという。コメントは、書き込むとそのまま修正されずに反映されるが、不快感を与えるような性的に過激な表現、差別的な言い回しを入力すると表示できなくなる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中