今年の流行語大賞「(宮崎を)どげんかせんといかん」「ハニカミ王子」

印刷

   1年の世相を反映した言葉を選ぶ年末恒例の「ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)が2007年12月3日、発表された。60の候補からトップテンが選ばれ、年間大賞は、東国原英夫・宮崎県知事による「(宮崎を)どげんかせんといかん」と、アマチュアゴルフ選手の石川遼さんの愛称「ハミカミ王子」の2つに決まった。

授賞式の様子。左からIKKOさん、ギャル曽根さん、小島よしおさん、舛添要一厚労相、東国原英夫宮崎県知事、石川遼さん
授賞式の様子。左からIKKOさん、ギャル曽根さん、小島よしおさん、舛添要一厚労相、東国原英夫宮崎県知事、石川遼さん

   同日都内で開かれた表彰式に出席した東国原知事は

「(受賞した言葉は)この世相、格差を如実に表していると思う。方言が(大賞に)ノミネートされるというのは、地方からの魂の訴えの現れなのでは」

などと、ギャグを「封印」しつつ受賞の感想を述べた。大賞以外のトップテンは「大食い」「消えた年金」「食品偽装」「そんなの関係ねぇ!」「鈍感力」「どんだけぇ~」「ネットカフェ難民」「猛暑日」。

   「消えた年金」に対しては、舛添要一・厚生労働大臣に賞が贈られたが、大臣の到着遅れで式典が一時中断する一幕もあった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中