読売・渡辺氏、「大連立の内幕、いずれ書く」

印刷

読売新聞グループ本社会長・主筆の渡辺恒雄氏は2007年12月5日、都内で開かれた中川昭一・自民党元政調会長のパーティーであいさつし、自民党と民主党の「大連立」に向け、党首会談を仲介したことを公の場で初めて認めた。その上で、党首会談の内幕については「私は今は書かない。いずれは全部書いてやろうと思って」と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中