J-CAST、モバゲーに「社会性ある長い記事」配信

印刷

   J-CASTニュースは2007年12月6日、携帯電話向けのゲーム&SNSサイト「モバゲータウン」へ記事の配信を始めた。これにより、「無料ケータイゲーム&SNSサイト」としては日本最大級となる約800万人の会員数を有する「モバゲータウン」でも、J-CASTニュースの記事やコラムが読めるようになった。

   これまでは自社運営サイト「J-CASTニュース」に記事を掲載するとともに、Yahoo!ニュースlivedoorニュースInfoseekニュースNEWSexciteニュースBIGLOBEニュースといったポータルサイトにニュースを配信してきたが、新たに10代、20代に人気のモバゲータウンにも配信することになった。

   モバゲータウンは、対戦ゲームからミニゲームまでさまざまなゲームを無料で楽しめるケータイサイト。ゲームのほか、サークル機能(同一の趣味・興味を有するコミュニティ)や日記・掲示板の機能もある。2007年11月末の会員数は813万人、月間ページビューは138億2200万という人気サイトだ。

   これまでモバゲータウンでは、芸能やスポーツのニュースのほか、共同通信や日本テレビのニュースの配信を受けていたが、いずれも短いものだった。社会性のある長い記事やコラムの配信はJ-CASTニュースが初めてとなる。

   J-CASTニュースが配信するのは、「ニュース」「ワイドショー通信簿」「横澤彪のチャンネルGメン69」の3種類の記事・コラム。モバゲータウンのトップページの「お役立ち」欄にある「検索・ニュース」から、「コラム」コーナーにアクセスすれば、無料で閲覧できる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中