倖田來未「羊水腐る」発言で CM取りやめ相次ぐ

印刷

   歌手の倖田來未さん(25)がラジオ番組で「35歳になるとお母さんの羊水が腐ってくる」などと発言したことを受け、倖田さんを起用したCMなどを自粛する動きが広がっている。
   キリンビールは2008年2月4日までに倖田さんを起用したチューハイ「氷結」のCM・広告を自粛することを決定。同社は、J-CASTニュースに対し、「今回の発言を重大に受け止め、CM・広告を差し控えることになった」と説明している。また、倖田さんとのCMキャラクター契約についても「検討中」としている。
   コーセーも2月1日までに、倖田を起用した同社ブランド「VISSE」のサイトを閉鎖し、今後のCM起用についても見合わせた。ホンダの軽自動車「ZEST」の特設サイトも閉鎖され、2月7日に放送予定だったテレビ朝日系番組「徹子の部屋」でも出演者が急きょ変更された。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中