お笑い「R-1」連覇のなだぎ武 ブログは「ややこしや~」か

印刷

   「1人話芸日本一」を争う「R-1ぐらんぷり2008」決勝(2月17日、フジテレビ系で生放送)で優勝し、2連覇を果たしたなだぎ武さん(37)のブログは、超マジメでシンプルだ。

   優勝を決めた翌18日未明の更新で「R-1」の結果を報告した。題は「2008 2 17」と優勝した日付けそのものだ。前回も優勝したことと関係があるのか「長い長い間悩みました」「多くのプレッシャーや(略)」「悔しさもありました」と振り返っている。今回の結果については「今はただ、自分のこだわり(略)への執着心を信じてよかったです」「大会に、歴史を刻めてよかったです」と表現した。小さめの写真で「R-1」の優勝トロフィーと見られる写真も掲載されている。

   そして、「関わって下さったみなさまに、感謝です・・・」と結んでいる。

   なだぎさんは、米人気ドラマの登場人物をユーモラスに真似する「ディラン」キャラで人気を集めた。今回の「R-1」では「超純朴」そうな日本人高校生を演じた。似通った2つの例をユーモラスに列挙した後、「ややこしや~」と能狂言を思わせる掛け声とともに変な踊りをするネタを披露した。しかし、ブログの方は17日更新分に限らず「ややこし」くないシンプルな内容のようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中