「弁護士のくず」の漫画家と小学館 「盗用ではなく参考」と主張

印刷

   漫画家の井浦秀夫さんと小学館は2008年2月20日、連載漫画「弁護士のくず」について内田雅敏弁護士が「自分の小説の盗用」と差し止めなどの仮処分を求めた問題で、記者会見を開いた。井浦さんらは、内田弁護士の著書を参考にしたと認めたものの、「記載されているのは実際の事件で、参考にしても著作権侵害には当たらない」などと主張した。一方、井浦さん側は、「参考文献の表示をしなかったのはマナー違反で反省している」と述べ、今後、連載誌に表示するとした。
   なお、この問題で、東京地裁は内田弁護士の仮処分申請にまだ判断を示していない。連載の完結となる第4話が掲載された「ビッグコミックオリジナル」3月5日号は、20日に予定通り発売された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中