「OpenID」普及団体設立へ ヤフー、ミクシィも参加

印刷

   シックス・アパート日本ベリサイン野村総合研究所は2008年2月28日、国内の「OpenID」の普及を推進する団体「OpenIDファウンデーション・ジャパン(仮称)」を設立すると発表した。08年4月の設立を目指す。
   「OpenID」は、同一のユーザーIDを、認証が必要な複数のサイトで使えるようにする技術で、米シックス・アパートが2005年に開発した。米国では、すでに1万以上のウェブサイトが「OpenID」に対応しており、2億5千万件を超える「OpenID」対応のIDが提供されている。
   「OpenIDファウンデーション・ジャパン」には、アセントネットワークス、イーコンテクスト、インフォテリア、テクノラティジャパン、ニフティ、ミクシィ、ヤフー、ライブドアが参加を表明している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中