「ミクシィ」日記情報タダで自由に使用 利用規約改定にユーザーが大激怒

印刷

   大手SNS「ミクシィ」(mixi)が「ミクシィ」内にある日記などの情報を自由に使用、改変し、その際「作者」には対価を払わないし、著作者人格権も行使させない、と受け取れる新規約を公表した。ミクシィでは「無断で使用することではない」と説明しているが、「規約改定に異を唱える」コミュも出現、利用者からは大反発が起きている。

日記等の情報を無償かつ非独占的に使用する権利

新規約が波紋を呼んでいる
新規約が波紋を呼んでいる

   「ミクシィ」が2008年3月3日付けで発表した利用規約改定「第18条 日記等の情報の使用許諾等」には、こう書かれている。

「本サービスを利用してユーザーが日記等の情報を投稿する場合には、ユーザーは弊社に対して、当該日記等の情報を日本の国内外において無償かつ非独占的に使用する権利(複製、上映、公衆送信、展示、頒布、翻訳、改変等を行うこと)を許諾するものとします。ユーザーは、弊社に対して著作者人格権を行使しないものとします」

実施日は08年4月1日からだ。

   勝手に出版・公開・改変されても文句は言えず、しかも、対価も払わない、と受け取れる内容で、「ミクシィ」内では「あまりの暴挙だ!」と、規約改定に異を唱えるコミュや、スレッドが多数出現している。

   「mixiの規約改定に異を唱える」コミュには08年3月4日午後5時時点で1000人を越えるメンバーが集結。

「こんなバカなことは黙認できません。参加します」
「『編集権』をmixiが持ち、著作者人格権の行使を禁止されたら、自分の意図とは正反対の内容にされることもあり得る」
「DV等の被害を受けている方も安心して書き込みが出来なくなりそうです」
「規約改定案が撤回されないなら、非常に残念なんですが、4/1付で退会します」

など多数の反対意見が寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中