よゐこ有野が薦める禁煙方法 タバコの箱に「川柳」

印刷

   お笑いコンビ・よゐこの有野晋哉さんが、2008年3月7日に更新したブログで、禁煙するための方法について提案している。

   ブログによると、タバコの箱に書かれた「重い言葉で怖い事を告げる」注意書きでは、「タバコを辞める方向へは促せてない」というのだ。

   そこで提案。「"お~いお茶"の川柳みたいなのが良いと思います」。タバコの箱に、例えばこんな風に書く。

「禁煙で ごはんがおいしいよ お母さん
(長崎県○○くん小3)」
「タバコ辞め 孫が抱っこと よってきた
(兵庫県○○さん72歳)」

   このような「心温まる」川柳を目にすることが、禁煙を早めるきっかけとなるのでは、というのが考えだ。

   ただ、有野さんはタバコを吸わないので、「禁煙の辛さとか一切分からんのです」。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中