小林麻央の新語「うらやまおしい」って何?

印刷

   タレントでキャスターの小林麻央さん(25)が、「うらやまおしい」という「新語」をブログで披露した。コメント欄は「なぞ解き」を楽しむものもあった。

   小林さんの「マネージャーの彼女さん」が「カップケーキ型の入浴剤」をくれたそうで、写真付きで紹介している。小林さんはこの入浴剤も気に入ったようだが、さらに「可愛いお手紙まで」ついていた。で、マネージャーに「幸せものだなー」「うらやまおしいゾ」と呼びかけている。

   「うらやまおしい」という表現について、コメント欄には小林さんの「真意」を推し量る書き込みがいくつか寄せられた。小林さんがもらった入浴剤を「食べちゃいたいっ」と表現したからなのか、「うらやましいぷらす、おいしい?」という推測もあった。ほかに「裏山惜しい?」などがあったが、「有力」なのは、「うらやましい」に小林さんの名前をもじった「うらや麻央(まお)しい」説だ。ダジャレだという訳だ。

   中には「ダジャレ」だと断定した上で「今回は座布団1枚半」という「高評価」もあった。妙なダジャレを「オヤジギャグ」と呼ぶことがあるが、小林さんのダジャレの場合、何と呼べばよいのだろうか。ブログは2008年3月9日昼に更新した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中