「必ずやせる」ラ・パルレの都内店舗を営業停止処分

印刷

   エステティックサロン大手のラ・パルレは、東京都から特定商取引に関する法律及び東京都消費生活条例に基づき、2008年3月25日から同6月24日までの3ヶ月間、東京都内17店舗の業務の一部を停止する命令・勧告を受けた。同社が08年3月24日に発表した。東京都以外の店舗は通常通り営業する。
   処分を受けたのは、(1)支払い能力の乏しい若年層に対して、返済困難な高額契約をさせていた、(2)誤解を与える広告で誘引し、迷惑を覚える勧誘をしていた、などの理由。具体的には「必ずやせる」などと勧誘したり、無料エステを体験した際に、「契約しなければならない」などと虚の説明をしていた、としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中