マツダが「MPV」5万2513台をリコール

印刷

   マツダは、乗用車の「MPV」を5万2513台リコールすると2008年4月4日に発表した。圧式パワーステアリングの低圧側油圧ホースに変形があったことや、自動変速機のシフトケーブルに不具合があったため。最悪の場合は出火や、ブレーキ液が漏れて制御力が低下する恐れがあるという。対象となる車両は2005年12月15日~2008年3月14日に製造されたもの。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中