「教えて」宇多田ヒカル 悩みは「ゴミ」分別

印刷

   歌手の宇多田ヒカルさんは2008年4月8日に更新したブログで、今の悩みが「ゴミ」であると書いている。これまで不燃ゴミ扱いだった「プラスチック製品、ゴム・皮革製品」が4月から東京23区で可燃ゴミに分別されることについて、真剣に悩んでいるようだ。

「ゴミ!! ゴミ悩むよ! たすけて(´;ω;`)」

   何やら切迫している様子だ。

「4月になっても特別な告知もお知らせもなにもなく、ほ、本当にプラスチックを燃えるゴミに出していいの?!」

   疑問に思った宇多田さんはネットで調べた。

   すると、「区によっては10月からだったり、バラつきがある。うちの区はどないやねん」と、さらに悩むことに。

「強迫観念のように、ゴミはちゃんと分別しないと!と思ってる私は、いったいどうしたら_| ̄|○
状況を把握してる東京の方、おしえちくり(´;ω;`)」

と、情報提供を呼びかけている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中