洋服の「青山」、店長と課長に残業代を支給

印刷

   紳士服最大手の青山商事は2008年4月8日、これまでは「管理監督者」だとして残業代を支払ってこなかった店長や本社の課長、計936人(退職者を含む)に、過去2年間分の残業代を支払う、と発表した。支払総額は約12億円。4月21日からは、店長や課長を「管理監督者」とせずに、従来の役職手当を減額する一方で、残業代を支給するようにする。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中