キンコン西野後輩に語る 「自分の生き方にブレーキ ばかばかしいぞ」

印刷

   お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣さんがブログで、自らの「生き方」を熱く語っている。2008年4月20日の更新だ。西野さんが「呑み」の席で後輩から、こんな相談を受けたことがきっかけだ。

「『動きにくい』だってよ。日本人。目立てば足を引っ張られるし・・・」

   これに対し西野さんは「うん?目立てばそれが僕らのゴールじゃないのか?」話を聞きながら、そんなことを思ったという。

   さらに、いろんな思いが浮かんだのだろう、熱くなった西野さんはこうぶちまけた。

「だいたいバカらしいぜ。他人のものさしに合わせて、自分の生き方にブレーキをかけるなんぞ。そもそもその他人は何様だ?自分の将来を保障してくれる奴なのか?そうでもない奴ならば、何故そんな奴のものさしに合わせなければいけない?」

   「2ちゃんねらー」批判のときと同じように、攻撃的な口調の西野さん。「突き抜けられなければ、自分はそこまで、諦めて転職してしまうか。僕はいつだってその覚悟だ」とも綴っていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中