柳原可奈子、最近「すべり」気味

印刷

   ショップ店員や女子高生のコントで人気のお笑い芸人、柳原可奈子さんが2008年4月23日に更新したブログで、「すべり症」であることを明かした。人気絶頂の柳原さんに、一体、何があったのか。

「腰痛が酷く、腰の下に枕を入れて寝る、というビッチみたいな睡眠法をとっていたので、整体に通い始めました」

    診断を受けると、

「せんせぇいわく『柳原さんは腰の湾曲がひどいので、すべり症の心配がありますね』」

   と、聞きなれない病名だ。

   すべり症とは、正式には腰椎すべり症で、腰椎の位置がずれたものを言う。

   一方、芸人である柳原さんにとって、「すべる」とはネタが受けず笑いを取れないことを示し、縁起でもない言葉だ。「職業柄、気を遣っていただきたいものです。」

「その後も何度か『ここそんなに痛いですか!? あぁー柳原さんすべり気味ですね』と。 寝てるだけなのに。 しかも気味って。すべってるならまだしも。」

   「KY」ドクターとのやり取りは、新ネタにしてはどうだろうか。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中