東国原知事、取材に「女性には心当たりある」

印刷

   宮崎県の東国原英夫知事が交際女性に「手切れ金」150万円を支払ったと「週刊新潮」が報じた問題で、知事は2008年4月24日、宮崎空港で報道各社の取材に応じた。知事は「女性については心当たりはある」としながらも、金銭のやりとりについては「一般的に友人に金を融通したりすることはある」と述べるにとどまった。また、「大人の男だから恋愛だってある。誠意をもって対応しているつもり」とも述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中