キンコン西野 「頭丸めた」理由

印刷

   お笑いコンビ キングコングの西野亮廣さんが2008年4月28日に更新したブログで、「頭を丸めました」と告白している。

「頭を丸めました。五厘刈りにしようとしたけど、目の下のクマが手伝って『囚人みたくなる』とのことで、長さは1cm。おかげ様でイケてない中学生みたいになりはしました」

   丸刈りは「漫才師らしくて良い」と気に入っているようだ。とはいえ、西野さんといえば、ナルシストなきらいはあるものの、2008年度の「吉本男前ランキング」では6位に食い込むイケメンの芸人だったはず。髪を切ったことに何か理由があるのか。

   この日の話題は「漫才」の話ばかり。しかも、「僕はどうやらもうすぐ漫才を見つける。間違いない。オリジナルの漫才がもうすぐソコにある。あと2ヶ月もらえれば大丈夫。やっと見つけた」

   と書いている。どうやら、現在はいっそう漫才に打ち込んでいる様子だ。髪にかまっている暇はないというわけだろうか。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中