眞鍋かをり 父親と3時まで飲み語る

印刷

   タレントの眞鍋かをりさんが2008年5月13日に更新したブログで、父親と語り明かしたと明かしている。

   「昨日パパと飲んでて気づいたら3時でした」と前置きし、「父と娘の会話というより父と息子の会話をしてました」。話した内容こそわからないものの、

「大人になってから父に誉められるというのは男として認めてもらえてるみたいで嬉しいですね。
男じゃないけど」

と、やけに意味深だ。人生の話でもしていたのだろうか。

   ただ、掲載されている写真はなぜか、ソファーのようなものに寄りかかりながら、足を突き上げているというものだった。しかも父親と二人で。その真意は全くわからないのだけれど、微笑ましい様子は伝わってくる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中