「ブッ飛ばしたくなる」キンコン西野 「TV局局員様」と喧嘩

印刷

   お笑いコンビ キングコングの西野亮廣さんが2008年5月16日に更新したブログで、テレビ局局員と喧嘩したことを明かしている。

   冒頭から「頭が痛い」と漏らす西野さん。風邪の影響や仕事が立て込んでいることもあるのだろうが、こんな出来事もあったそうだ。

「そういえば一昨日の夜、街ですれ違った人の態度があまりにも納得がいかなかったので喧嘩した。ボクも知っているTV局の局員様だったんだけどやっぱり納得がいかなくて」

   その後、仲裁に入った後輩からは「てめぇのせいで仕事が来なくなったぞ」と叱られたという。後輩には「この場を借りて」謝っている。だが、「だけど納得がいかなかったんだよ」とも綴っている。

「ボクは芸人なんて『芸人ごとき』でいいと思っているんだけど、一緒にお笑いを作る側の人間はそこを理解した上での『芸人ごとき』扱いをして欲しいんだ。根底から芸人をナメきっている奴は本当にブッ飛ばしたくなるんだよ」

   お笑い芸人という職業にまつわる、複雑な心のひだがあるようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中