つるの剛士は「天才肌のおばか」 品川祐明かす

印刷

   お笑いコンビ「品川庄司」の品川祐さんは2008年5月16日にブログを更新した。おバカユニット「羞恥心」のメンバーつるの剛士さんが飲みの席で、ある「名言」を吐いたという。

「相変わらず、つるのはアホで、
何度もトンチンカンなことを言ってましたが、
あいつは昨日、今までのアホ発言をすべて吹き飛ばす
名言を放ちました」

   つるのさんはこう言った。

「産まれたときは僕は泣いてて
みんなは笑顔だったんですよね。
僕が死ぬときは僕は笑顔でみんなは泣いてる。
そんな人生にしたいんですよね」

   それを聞いた品川さんは、

「いい台詞じゃねえか。
哲学的っていうか。
詩的っていうか」
「『俺もそういう人生がいい』
なんて思っちゃったね」

と、感心したようだ。

「ただの『おばか』にこんな台詞は思い付けない。
やっぱあいつは天才肌の『おばか』そうです。
『天才。バカボン』です。
いやあいつは3児の父だから、『バカボンパパ』です」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中