ガシャポン誤飲に製造物責任認める バンダイナムコに賠償命令

印刷

   「ガシャポン」と呼ばれる玩具入りカプセルを誤飲し、重度の障害を負った鹿児島市の男児の両親らが、製造物責任法(PL法)に基づき、製造元のバンダイナムコゲームスに約1億800万円の損害賠償を求めた訴訟で、鹿児島地裁は2008年5月20日、同社に約2626万円の支払いを命じた。玩具の誤飲で製造物責任を認めた判決は珍しいという。

   判決によると、男児は02年8月、直径40ミリのプラスチック製カプセルを誤飲し、低酸素などによる脳障害で、自力で体を動かせない障害が残った。同社は、「安全基準を満たし、誤飲の危険はなかった」と主張したが、高野裕裁判長は「3歳未満の幼児でも開口時の大きさが4センチを超えることは珍しくない。飲み込んだ場合に備えて取り出しやすくするため、角形にしたり、気道確保のための穴を複数設ける設計が必要だった」などと指摘した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中