キャイ~ンウド鈴木 「柔道界に復帰」を検討?

印刷

   お笑いコンビ キャイ~ンのウド鈴木さんがケータイ向けサイト「モバゲータウン」内の日記で、再び柔道をはじめようかな、と思案している。2008年5月20日の更新だ。

   「突然ですが」と切り出したウドさんは、高校時代には柔道をやっていたと紹介、「自分の中のヤワラの血がふつふつと沸いてきます!」と綴っている。柔道部に入部したそもそもの経緯をこう説明する。

「ホントは吹奏楽部に入りたかったんだけど、その途中でコワ~イ先輩につかまって柔道部に入れられたんですよね」

   ちょっぴりせつないきっかけだ。だが、ウドさんの腕前をネットで調べてみたところ、なんと、初段の持ち主とのこと。今でも柔道を続けているという事務所の先輩に触発されたこともあり、「ボクもそろそろ柔道界に復帰してみようかな」と思案している。

   ちなみにコメント欄では、TBS系のバラエティ番組「リンカーン」の企画で、ぜひヤワラちゃんこと谷亮子選手と対戦してほしい、との意見が少しだけあった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中