保険料の取りすぎ300億円に 損害保険6社

印刷

   東京海上日動火災保険など損害保険大手6社は、保険料の取りすぎ問題についての調査結果を2008年5月21日に明らかにした。6社が取りすぎた保険料は、約130万件、金額で約300億円に上った。最も多かったのが東京海上日動の117億円。次いで三井住友海上の56億円、損保ジャパン48億円、あいおい損保33億円、日本興亜損保30億円、ニッセイ同和13億円だった。取りすぎが判明した保険料は、契約者に順次返還している。

   また、同日発表した08年3月期決算では、売上高にあたる正味収入保険料の減少に歯止めがかからないこと、また保険金不払い問題の調査にかかる経費がかさんだこと、サブプライム関連損失などの要因から各社が苦戦。あいおい損保は31億円の当期赤字を計上した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中