『さおだけや』山田真哉 アクセス数急上昇の謎

印刷

   経済に関する身近な疑問をとりあげた新書『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』の作者で知られる、公認会計士・山田真哉さんが2008年5月27日のブログで、謎のアクセス数急上昇に見舞われている。

   27日23時の時点でのアクセス数が、なんと「8847」だったという。前日のアクセス数は「1912」だったから4倍を超える急上昇。「異常」だと不安視していたくらいだ。

   そこで山田さんは3つの仮説をたてた。(1)人気サイトからリンクが貼られたから(2)スパムかなにかでアタックされている(3)2ちゃんねるで晒されている

   携帯電話からのアクセスが多いらしく、(2)の可能性があるとにらんでいるようだったが、決定打に欠き「理由は本当にわかりません」。

   だが、5月28日のブログによると、その原因がついに判明したという。

「サイバーテロでも2ちゃんでの晒しでもなんでもなく、携帯のグーグルから『川田亜子』さんで検索をすると、かなり上位に表示されることがわかりました」

   前に書いた川田亜子さんに関する記事が、携帯電話からの検索にかかっていたというのが真相だったのだ。山田さんは、「携帯時代の到来を改めて認識させる出来事でした」と驚いている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中