ソニン 「生きてて、一番傷ついた出来事」

印刷

   タレントのソニンさんは最近、傷ついた出来事があったと2008年6月19日のブログで明かしている。

「今日、ここ最近生きてて、一番傷ついた出来事が」

   7月から公演されるミュージカル「ミス・サイゴン」にキム役で主演を務めるソニンさん。

「今、マイクつけての稽古をしているのね。
マイクヘッドは生え際に這わせてオデコの真上につけているのですが、、
私の番の時、
事件は起こりました」

   音声スタッフがソニンさんの元に駆け寄り、「オデコ真上だとマイク遠いので横につけてください」と言う。するとソニンさんは、

「でもキム共通なので本番は真上ですよね?」

と聞き返すとスタッフは、「いや、本番も横で」と答える。

   キム役では、他にも3人の女優が出演する。ソニンさんだけがマイクを横につけるかは定かでないが、

「声拾えないほど、デコが長いって!」

と、落ち込んだようだ。

「エーエー、確かにオデコは広いですよ?
縦8.5cmありますよ?」
「ご利益がありそうと、私のデコは可愛がってもらってきたのに、
今日で、このデコは否定されたわけだ。え!?」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中