ラサール石井 秘密基地「世田谷ベース」初体験

印刷

   所ジョージさんがアメ車やフィギュアと気に入ったものをコレクションする秘密基地「世田谷ベース」は、芸能人の間でちょっとした観光名所となっているようだ。タレントのラサール石井さんは初めて行ってきたと、2008年6月24日のブログで報告している。

「昨日は前々からテレビ番組や雑誌で見て一度行きたいと思っていた、所さんの事務所がある世田谷ベースに行ってきました!」

   「前から憧れてました」というラサールさんは、

「いやあ! 聞きしに勝るワンダーランド!
いたるところに乱雑に置かれたフィギュア、置物、プラモに観葉植物。
そのどれ一つとっても気を抜いたものはない」

と、大感激。

   「プラモデルの車には何気に所さんのちっちゃなフィギュアが乗っていたりする」と、細かな部分まで手がかかっていて「まさに所ワールド!」だ。

   さらにお土産ももらったという。

もっとも、この日、一緒に訪れたアーティストの奥田民生さんにも太っ腹ぶりを見せた。

「『民生くん、1965年生まれだよね』と言ってなにやらガサゴソやってたかと思うと、65年のジッポーを7~8個持って来て、無造作にゴロっとおいた。
そして『あげるよ』の一言」
「これ凄いコレクションなんですよ。一個平気で10万ぐらいするんだよ!」

   ラサールさんもお土産をたくさんもらったそうだ。

「さんざん集め倒してそのあとは惜し気もなく人にあげちゃう。
ありがとう所さん!」

   感激の体験だったようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中