「単語の数増えると理解不能」 部下に言われちゃった偽装社長

印刷

   岐阜県養老町の食肉卸販売業「丸明」がブランド和牛「飛騨牛」の等級などを偽って販売したとされる問題で、同社の吉田明一社長が会見し、謝罪した。この日の会見では、最初はうつむいて「申し訳ありません」を繰り返すばかり。話し始めたと思ったら、会見に同席した広報担当者に「質問されていることと答えていることが違う」などと指摘されてしまうほどの「トンチンカンぶり」だった。

何聞かれてても「申し訳ありません」繰り返す

丸明のHPは閉鎖してお詫びがあるのみ
丸明のHPは閉鎖してお詫びがあるのみ
「すべては会社の取締役、私に責任があります。おわび申し上げます。どうもすいませんでした」

   2008年6月26日に開かれた会見冒頭で、吉田社長はこのように謝罪した。これまで偽装については「従業員がやった」などと豪語していたが、この日は「従業員のせいにしましたことをおわび申し上げます」と一転して自身の責任を認めた。

   この問題は、2等級の牛肉をブランド牛を「飛騨牛」と表示できる3等級として販売していた等級偽装、消費期限の切れた牛肉の混入、加工日の改ざん、豚肉の産地偽装などの疑惑が、従業員の証言から発覚したというもの。

   会見で吉田社長は、「元従業員への謝罪は?」と記者から聞かれても「申し訳ありませんでした」。「謝るだけではなく説明が必要では?」と追及されても「申し訳ありません・・・」。「社長の指示で偽装を仕方なくやったのでは?」にも「申し訳ないです・・・」と繰り返すばかり。

   「2等級の牛肉を3等級として売ったのか」という問いについては、「一部そういうことも。2等級でも3等級の値打ちもあります。それは、その品物で評価して、こういう品物の値打ちがあるんじゃないかと、私が評価しました」と、自ら「等級偽装」をしていたことを認めた。しかし、「飛騨牛として売れと言った覚えはないという意味なのか」という問いには、

「それは解釈のしようでございます」

と訳の分からない回答をし始め、「飛騨牛に偽装しろとは言ってないのか」というさらなる問いには「それはお宅さんの判断に任せます」とはぐらかした。

   丸明の広報担当者からは、会見の途中

「(吉田社長は)単語の数が増えると理解できないので、なるべく区切りながら、社長に質問されるときはなるべく区切って質問していただけますか」

という異例の「お願い」が飛び出す始末。しかし、その後も吉田社長のトンチンカンな発言は続く。

「社長、質問されていることと答えている内容が違います」

   「消費期限の偽装」について、広報担当者が「社長の指示で混入していた事実はあります」と述べると、吉田社長は「うぅ」と何か言いたげな様子に。具体的な指示について聞かれると、社長からは、

「話しますと、製造日なら、40日で10のセットの日付してあります。普通は50日でできるんですね、中の生肉としてね・・・」

とこれまた訳のわからない「お話」が。広報担当者がたまりかねたのか「社長すいません。質問されていることと答えている内容が違います」と指摘。

   「そうか・・・そういう細かいことから指摘しないと、皆さんがわかりませんもんで、私は細かいとこから説明しようと思いました。まま、そういうわけで、すいません」と口ごもった。それでも記者から「どうぞ続けてください」と諭されたが、「ままま、もよろしいです」と、これまた訳が分からぬまま話は中断。消費者を欺いたのでは、という指摘についても、

「消費者を欺いたというのか、私はそういうことで、(消費期限の改ざんは)何回か以上ありますよ。それは私もしましたということを認めています。それはごめんんさいということね。はい」

といった不明な言動が繰り返された。

   また、ブランド豚「美濃ヘルシーポーク」をほかの豚肉と混ぜたとされる疑惑については、「ありません」と社長は全面否定したが、広報担当者は「社長は混ぜてないと証言したが、調査中で『ない』とは言い切れない」などと説明。記者の「人気の高い豚」という発言を吉田社長が「ミンチ?」と何度も聞き返す場面もあった。

   吉田社長は社長を辞任する意向を明らかにしているが、一方で、「ヒラ」の社員として会社に残るなどと述べ、

「従業員が育つまではね、私の40年のね、経験を、やっぱりあの、仕入れ・販売すべて、私のすべてのノウハウをすべて、すべてやないですよ、いいとこをとりあげてもらって、それを会社員がいい方向にまいていけるように協力させていただきます」

と話している。

   さらに、会見の終盤では「偽装の指示はしてないのか」という念押しの質問に、「偽装の指示?!私、偽装しようなんて思ってませんもん」と「大どんでん返し」の発言も。そして、トンチンカン会見は一方的に打ち切られた。

   丸明は現在営業休止状態で、ホームページも閉鎖。本社に電話をかけても誰もでない状態が続いている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中