羽野晶紀 リビングに仕掛けられた「罠」とは?

印刷

   タレントの羽野晶紀さんは「西川きよしvs横山やすし」のDVDをリビングで見つけて、DVDを観るか、家事をするかの狭間で激しく葛藤した様子を2008年6月30日のブログに書いている。

「な、なんでや???
私への罠??
すごく、
見たいやん!!」
「私を、
今以上に、寝不足にさせるつもり??」

   「西川きよしvs横山やすし」の5巻入りDVDBOXをリビングで見つけた羽野さんは、大きな誘惑に駆られてしまったようだ。この日、帰宅した羽野さんは、羽野さんの夫で狂言師の和泉元彌さんや子供が帰る前に洗濯をしなければならないと焦るものの、DVDが気になって仕方がない様子だ。

「この『やす・きよ』のDVDを見て、
家事を放棄して…
夕飯も放棄して…
ピザーラとかを頼んで…
ダラダラと…
アホみたいな顔して…
笑い転げて…
『あかん、もっと、見たいわ~~』って…」

   しかしそこは思いとどまり、「アホなこと言ってる間に、はよ、電話しよ(笑)」と、夫に帰宅時間を確認したようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中