「孫に1回会うと、色々なことに使われる」 北朝鮮行きを横田夫妻が否定

印刷

   新潟県で北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの両親である滋さん(75)と早紀江さん(72)が2008年7月2日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見を開いた。米国がテロ支援国家指定の解除を表明したことについて、今後日本は経済援助という独自のカードを利用すべきと主張。開催を直前に控えたサミットについては、拉致問題の進展には役立たないとの見方を示した。

   テロ支援国家指定解除については、滋さんは

「テロ支援国家の指定が解除されたとしても、日本は経済支援を大きなカードとして持っている。北としては、拉致問題を解決しなければそういったこと(経済援助)は起こりえないと思っているので、そのカードを使って、日本政府独自の力で解決していただきたいと思っている」
「米国が決めたことなので、(指定解除を)『止めてほしい』とは言えない」

などと述べ、これまで米国が持っていた「指定解除」というカードを失った今、日本政府が独自に交渉を進めざるを得ないとの見方を示した。

外交ルートで圧力をかけ続けるべきだと主張

横田夫妻は改めて北朝鮮行きを否定した
横田夫妻は改めて北朝鮮行きを否定した

   さらに、記者からは、北朝鮮に出向いて調査する可能性についての質問が飛んだが、

「可能なら行ってみたいが、自由に探すということは事実上不可能」(滋さん)
「(孫であるキム・ヘギョンさんに)1回会うと、そのことをカードにして、色々なことに使われる。一瞬の喜びは我慢できる。(拉致被害者)全員(の問題)がきちっと、外交で解決できる大事なところに来ている」(早紀江さん)

と、従来通り外交ルートで圧力をかけ続けるべきだと主張した。

   また、開催を直前に控えたG8洞爺湖サミットについては、

「家族会や救う会では、具体的な行動をするということは聞いていない。北方領土問題も、会を円滑に進めるために話題にしないと聞いている。やはり、環境問題が中心になってしまうのではないかと思っています」(滋さん)

と述べ、サミットと拉致問題とは関係ないとの見方を示した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中