ドランクドラゴン鈴木拓 「相方に捨てられるその前に…」

印刷

   お笑いコンビドランクドラゴンの鈴木拓さんが2008年7月9日、オフィシャルブログ「相方に捨てられるその前に…」を開始した。「芸人達があふれかえってる中、僕は生き残れないことを確信している」と自虐ぎみに訴えていて、ネガティブな内容で展開していくようなのだ。

   「このブログのタイトル通りもう僕はジリ貧です 」と打ち明ける鈴木さん。お笑い芸人として生き残れるのかどうか、けっこう心配している様子だ。「自然淘汰されるのを待っているところです」。しかも、相方の塚地武雅さんといえば、お笑いだけでなく、個性的な役柄を演じる俳優としても活躍中。

「塚っちゃんは有り余る才能を遺憾なく発揮し残っていくでしょう」
「ただ僕はそう簡単にはいかないです」

   鈴木さんがブログを開始した理由は、「このまま指をくわえて消えていくのもよかったのですが消える前になんかやっとこうかな~」と思ったから。ただ、ブログは楽しいとか、面白いということはないのだとも。むしろ、

「ネガティブで人をうらやむ感じなので幸せな人は僕のブログはあまり見ない方がいいと思います」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中