「まさか自分が」東原亜希 手足口病に感染

印刷

   タレントの東原亜希さんが、2008年7月20日のブログで、手足口病に感染したことを報告した。

   20日未明に更新されたブログで、手と足に発疹ができたと告白。数日前にできたものだそうで、「最悪です」と書いている。こうした発疹ができたのは初めてのことで、「手は何かとぶつかると痛いし、足は歩くだけで痛いです」「口が痛いのもそのせいかな~」。症状はかなり深刻で、「だれかたすけてください」と助けを求めていた。

   その後、コメント欄に東原さんの病状を心配した書き込みが殺到。その中で、手足口病の可能性があることが指摘された。

   それを受けて、20日の10時ごろに更新されたブログでは、

「ててててててあしくちびょう!!!!!?????」

と驚き、「まさか自分が」と動揺。手足口病をネットで検索してみたところ、症状も同じで、発疹の状態も同じだったとのことだ。

   日本医師会のHPによると、手足口病は乳幼児によく見られるウィルス性の疾患。日本では毎年夏に流行しており、通常1週間から10日で自然に治る。子どもがかかる病気なだけに、東原さんも、「ひがこ25歳! なぜ!」と驚きを隠せない様子だ。

   現在は口の中が一番深刻らしく、「歯磨きはもうアウトです。完全にアウトです」。「ほかの方に移さないように気をつけます」とのことだ。

   なにはともあれ、読者からのコメントで病名らしきものがわかり安心した東原さん。最後に、

「みんな
   ありがとう・・・涙」

と、感謝の言葉を記した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中